瞑想にうってつけのルミネ

隙あらばインターネットか本、映画、音楽、ラジオと、趣味に値するものがなんらかの情報を受け取る類のものであるうえ、曲がりなりにも大都会・東京に住んでいると、年がら年中、目も耳も騒がしく、神奈川の山育ちの血が騒ぐのか、ときにはすべてから離れて静けさに耽ってみたい気分になるときがあって、そんなときにふと「たまには早起きして出社前に都心のお寺で座禅体験」とか「バリ島のヨガで瞑想」みたいなタイトルの記事なんかにぶち当たってしまうと、つい心がぐらんぐらんになってしまう。

 

静けさを味わうだけでなく、竹林に蟄居する寺で座禅を組んだり、バリ島に住まうヨガマスターの導きのもと鷹のポーズを一発キメたら、普段暇さえあればひたすら家であざらしのように横たわってiPhoneをいじくり回しているだけだとしても、その一回の体験でしばらくはいつものだらしなさまでチャラになり、毎朝真っ白な雑巾で窓枠のサッシの隅々まで拭き清めて回るような人になれるんじゃないかという錯覚に陥りそうになる。

 

けれど、あたりまえのことながら、座禅やヨガは魔術やレッドブルではないので、一回キメたところでどうこうなるようなものではないし、ふと初台のICCの無響室や、がら空きの観光地の洞穴を1人で歩いたときのことを思い出してみると、日常で本当に音のない場所にいることなどまずないから、静かすぎる場所は静けさが目一杯すぎて、かえってやかましかった。

 

今のところ、わたしがもっとも手軽な瞑想にうってつけだと考えているのはルミネだ。

 

ルミネが瞑想に最適な理由は各フロアのテンションが一定であることで、これが伊勢丹高島屋あたりになってしまうと、フロアごとに対象年齢や価格帯(お惣菜から宝飾品まで)が乱高下して、フロアを行き来するたびに余計な神経を使わなければならない。


また、リアルな街の場合、わたしのような方向音痴は常にGoogleマップ片手じゃないと、見知った街でも完全に迷いこむし、あまりぼんやりしていると車に轢かれたりするかもしれない。


そこへいくとルミネは、ターゲットも20〜30代女性と絞られていて、フロアごとにファッションのジャンルや構成はやや変わってくるものの、その振れ幅は世界の多様性のなかではほんのちっぽけな差なので、一定の精神状態を保ったまま、迷子や交通事故の懸念もなく、心ゆくまで徘徊(瞑想)することができる。


また、ルミネのなかでも新宿のルミネ2が、フロアの構成、広さ等の条件から、もっとも好ましい(とくに2F)。

 

ここでうっかり「昨日居酒屋で座敷に上がったら靴下に穴空いてたから買わなきゃ」みたいなことが頭のなかによぎってしまうと、即身仏の修行者にマクドナルドを差し出すくらい台無しなので、俗世の雑事になるべく関わりあいにならなくてすむよう、必要な買物は済ませてからルミネに向かうか、ルミネで買物を済ませてから瞑想に取り組むべきだろう。

 

本当の無音はあまりにも息苦しいけれど、ほどよい音楽(ルミネを訪れた人は誰もが耳にしているであろう、「テロテロ テロレーン」というBGMや各店舗が好き勝手に流す音楽がグチャグチャに混ざって、真面目に耳を傾けると吐きそうになるから強制的に聴覚の一部をオフにするしかない)も流れているし、お香の代わりにやたらと香水を振りかけた女の子がたくさん歩いている。

 

そうして、すべての感覚を7分咲き状態にしていると、だんだんすべてが薄ぼんやりとしてきて、ちょっとしたトランス状態に陥ることができる。


座禅やヨガと違って、なんの努力も経ていないゆえに、普段の心持ちが改まったりする気配は微塵もないけれど、少なくともその瞬間だけは心底解放されて、ルミネから出ると、なんということでしょう、完全なるBefore After状態の晴れ晴れとした心持ちに。

 

いつかあなたが、完全にうつろな眼差しでフロアを徘徊している女をルミネで見かけたとしたら、それはわたしや、わたしと同じ瞑想法を会得した誰かかもしれないので、どうか通報したりせず、あたたかい目で見守ってほしい。

ゆりしー

【チーム未完成の社会科見学】パンに「パン」って印刷してみた

チーム未完成のゆりしーです。

 

今回はひとつ趣向を変えまして。

「チーム未完成の社会科見学」と題して、とある企みのもと、某所へお邪魔した模様をレポートします。はーい。

 

今回チーム未完成が突撃したのは、渋谷にある印刷会社・株式会社 光伸(こうしん)プランニングさん。

 

f:id:mikanseisei:20170519145330j:plain

光伸プランニングさんは、屋外、交通広告や、サイン、ディスプレイ、ミュージアムグッズなどの企画・制作・施工をはじめ、ガラス、樹脂、金属、陶器、革、布地等、あらゆる素材や製品にプリントができるサービスD-Printや、外部クリエイターと共同で、これまたいろいろな素材(羽根や石などにも!)への印刷を行う自社プロジェクトMONOPURIなど、さまざまな取り組みを行っている企業です。

 

f:id:mikanseisei:20170519145407j:plain

ひろびろしたオフィス兼作業場。サチモスが流れてました。

  

f:id:mikanseisei:20170519145428j:plain

 カッティング前の『MONOPURI』のシート!

 

f:id:mikanseisei:20170522115248j:plain

f:id:mikanseisei:20170519145525j:plain

THE 印刷会社な大判プリンターと大量のカッティングシート。

 

f:id:mikanseisei:20170518163140p:plain

光伸プランニング-『MONOPURI』

 

 

f:id:mikanseisei:20170519145550j:plain

 

今回、案内してくださったのは光伸プランニングの稲川由華さん。

印刷について無知にもほどがある未完成にもやさしい。

 

ところで、このたびチーム未完成がお邪魔させていただいたのは、こんな理由から。

 

 

本物のパンに「パン」って印刷したい!!!

(タイトルそのまんまですね)

 

 

チーム未完成は、常日頃なんとかのひとつ覚え的な具合でパンパン連呼しておりまして、いつも「パン」というロゴをあれやこれやしてグッズを作ったりしているのですが。

 

f:id:mikanseisei:20170518173202j:plain

これとか。

 

f:id:mikanseisei:20170518203649p:plain

こういうのとか。

 

今回はこの「パン」ロゴをリアルなパンに印刷してみちゃいたいという試みなのです。

 

日頃からありとあらゆる種類の素材に印刷しまくっている光伸プランニングさんも、パンへの印刷は初めてとのこと。

 

果たして本当にパンに印刷できるのでしょうか。

 

 

今回、パンへの印刷に使用するのは、光伸プランニングさんの『D-Print』や『MONOPURI』でも使用されている、UVインクジェットプリンター

 

通常は凹凸のある物に印刷したい場合、一度平たいシートに印刷してから物へ貼り付けるそうなのですが、UVインクジェットプリンターは直接その物自体に印刷できるすごいやつ。

 

紫外線で固まるインクが使われていて、インクを吹き付けたあとにUVライトで硬化させる仕組みとのことで、要するにジェルネイル的なことですね。

 

また、通常のインクジェットプリンターは印刷したい対象物にインクを染み込ませる方式なのだそうですが、このUVインクジェットプリンターは、吹き付けたインクを蓄積していく方式ということで、印刷見本を触るとデコボコしていることがわかります。

 

f:id:mikanseisei:20170519145615j:plain

いつもの未完成ブログと違ってタメになるよねー。

 

ということで、早速パンへの印刷をスタート。

  

f:id:mikanseisei:20170519145643j:plain

早速スタンバってるパン。

 

f:id:mikanseisei:20170519145748j:plain

印刷を担当していただいた、光伸プランニングの竹内さん with UVインクジェットプリンター

「パンはふかふかしてるから、インクを吸い込んじゃいそうで、きちんと発色するかちょっと心配です」とのこと。

 

f:id:mikanseisei:20170519145802j:plain

 今回の印刷のための指示書。

こんな感じのバランスでパンに印刷していきます。

多数のガチな印刷指示書を押しのけて、一時最前いただきました。

 

f:id:mikanseisei:20170519145821j:plain

さてさてついに!動き出すプリンター。

 

f:id:mikanseisei:20170519145838j:plain

パンが吸い込まれてゆく…。

 

f:id:mikanseisei:20170519145856j:plain

 みんな写真撮る。

 

f:id:mikanseisei:20170519145917j:plain

ピカッ

 

f:id:mikanseisei:20170519145933j:plain

 シャッ

 

f:id:mikanseisei:20170518171618j:plain

ピカッ…あれ、なんかうっすら ?

 

f:id:mikanseisei:20170519145958j:plain

うわあああ

 

f:id:mikanseisei:20170518172641g:plain

 光に包まれてパンが…

 

f:id:mikanseisei:20170519150016j:plain

出てきた!

 

f:id:mikanseisei:20170519150037j:plain

 パン!!!!!

 

f:id:mikanseisei:20170519150056j:plain

パンに「パン」!!!!!!!

 

パンに「パン」、できたーーーー!!!!!!

 

思った以上にパンに「パン」だったーーーー!!!!!!

 

 

f:id:mikanseisei:20170519150122j:plain

「まじかよ」

 

f:id:mikanseisei:20170519150140j:plain

恐る恐る触ってみるけど、インクは硬化してるから全然にじまない。

 

照射していたUVライトはめちゃくちゃ熱いそうなので、心なしかパンが焼けて固くなっているような気も…? 

 

とにかく印刷が綺麗!

(しをりん曰く「タトゥーみたいやね」)

 

f:id:mikanseisei:20170519150159j:plain

パンへのインクの染み込みを懸念して、右の一枚はラッカーをスプレーしてから試してみたけれど、ラッカーなしでも見事なパン。

 

チーム未完成がダンボールとマッキーばっかり制作に使っている間に、テクノロジーは進歩してた。

印刷技術すごい。

 

というわけで、パンに「パン」できました!

とくにオチとかなく、おしまいです。

無茶にお付き合いいただいた光伸プランニングさん、ありがとうございました!

 

f:id:mikanseisei:20170519150214j:plain

 

※おまけ

パン印刷の一部始終です。


【チーム未完成の社会科見学】パンに「パン」って印刷してみた

  

(テキスト:ゆりしー、写真:ぴっかぱいせん、Special Thanks:光伸プランニングさま)

 

*チーム未完成を社会科見学させてやってもよろしいという奇特な会社の方がいたらご連絡ください。

mikanseimikansei@gmail.com

 

苗字2

 

しをりです。


ちょっと聞いてちょうだい。

先日、ゆりしーがこんなブログを。


「苗字」
http://mikanseisei.hateblo.jp/entry/2017/04/17/233730

 

つまるところ
「いい年してゆりしーと自ら名乗るのがつらみ」
「なので、苗字があったらうれしみ」
ってことらしいです。


ちなみに、ゆりしーのことをゆりしーと呼びはじめたのは、他でもないわたしーです。
もちろん、ゆりしー以前の彼女には、人並みにスタンダードな名がありました。

 


あれは5、6年くらい前のこと、仲良くなりたての誰しもが直面するファーストクエスチョン「オレオマエなんて呼ぶか問題」

わたしは当時からアホの一つ覚えみたく「しをりんだよ〜☆」と自ら言っていたので、ゆりしーからは自然としをりんと呼ばれるようになりました。

では、なぜゆりしーゆりしーになったのか。


その頃、吉高由里子が好きだったわたしは
彼女のあだ名をサンプリング、
オマージュ、
引用、
いや、丸パクリしたのでした。


そう、吉高由里子さんのあだ名は他でもない
ゆりしー」なんですねえ。(イケハヤ風です)

 

好きな生き物には好きなものの名前を付けたくなるのが人の性ってもんです。
わたしは、いつか犬を飼ったら「とうふ」か「よよぎ」と名付けようと長年意気込んでおりますが、
豆腐にも代々木にも特にこれといった思い入れはありません。

 

ところで、かくゆうわたしもいい年こいた現在も
ワイがワイこそがしをりんやしをりんなんやと各地で言いまくっており、
最近はラジオをやらせて頂いてることもあって、割と偉いであろう大人の方とかにセイハローする機会も多いのですが、

どんだけ場の空気がアレな感じでも開き直って「しをりんです(ニヤニヤ)」と言ってみると大抵の場合ほんのり和むもので、

その後の会話もなんかいい感じになる気がするし、もし和まなくとも、ああ今日はそういう場か、この人はそういうタイプか・・・と、名を名乗るだけでなんとなく判断することができたり、

とりあえず、ああ変な女いたなあと印象づけられる便利アイテムになっております、しをりん。

 

なので、ゆりしーや。
胸を張って堂々と名乗ってごらんよ。ゆりしーと。


ゆりしー

ゆりしー

ゆりしー

ゆりしー?!
しっかりするんだ、ゆりしー
ゆりしー、お気を確かに!!!

 

まあ、ゆりしーと名付けたわたしとしては、ゆりしー本当はゆりしーって名前いやなのかな……とちょっぴりさみしい気持ちになったり、
そんな苦悩してるゆりしーの横で「しをりんだよ〜☆」と恥ずかしげもなく言いまくってるわたしマジヤバイ奴と思われてるのでは……といささか不安な気持ちになってます。

 

ん?

あれ、そうだ、ゆりしーは、そんな話はどうでもいいのだった。

聞く耳も、腕押しするためののれんさえもそもそも持ち合わせていらっしゃらなくて、
「しをりんや、苗字をおくれよ」とお願いされているんでしたね。

そっかそっか、そうでした。

 

じゃあ、苗字かんがえるね。

なにがいいかなあー。。。

 


ん〜。

 

 

ん〜〜〜。

 

 

んん〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「吉高」でどうですか?

 

 

 

 

(しをり)

苗字

わたしはチーム未完成にてゆりしーという名前で活動しているのですが、ここで一曲、最近のちょっとした悩みをお聞きください。


それは苗字がないということ。

 

チーム未完成として自己紹介をするとき、ほかのメンバーが「シー・イズ・ゆりしー」と紹介してくれる分には一向に構わないのだけど、そもそもからして「ゆりしー」という名前は、人が呼んでくれることで成立しているあだ名であって、15歳のハロプロメンバーとかじゃない妙齢の女性が自ら「コール・ミー・ゆりしー!セイ!」と名乗りあげるのはツラの皮がよほどの極厚じゃないとつらい。

 

とはいえ当然、どんなツラ下げてでも己からゆりしーと名乗らなければいけない場面というのは多々あって、そんなとき「ゆりしーです」の前に「(もともとそういうあだ名だったから特に深い考えもなく、かりそめの名としてゆりしーと定めたらなんだか意外と長くゆりしーと名乗り続けることになってしまっただけで、別に80年代のアイドルよろしく積極的に自分で自分をゆりしーって呼んでほしいとか、ゆりしーっていうあだ名が醸し出してる、ある種のかわいらしい感じに値するとか思って名乗ってるわけじゃなくて、便宜的にここではそう呼んでもらうしかないし、今は他人から紹介してもらう場面でもないので渋々自身で申しあげますが)ゆりしーです」と、心のなかでは長々しいカッコ書きの言いわけをかましたうえで名乗っているので、なんとかそのモノローグをテレパシーで感じとって、どうかわたしをずうずうしい女だと思わないでほしいという気持ちでいっぱいだ。

苗字さえあれば、たとえ下の名前がゆりしー寿限無だとしても「高橋(仮)です」と一発名乗っておけば、自分の自意識を守るためのくどくどしい言いわけを(脳内で)述べることは不要だし、苗字のあるしをりんはもちろん、苗字とか関係ない時限にあるぱいせんやみっちゃんの名前は本当にうらやましい。

 

もちろん、一市民としてわたしにも当然戸籍上の苗字はあって、ごちゃごちゃ言わんとその苗字をくっつけて名乗っておけばよろしいとおっしゃられても当然なんですが、わざわざ視界が狭く息苦しい面なぞかぶって、顔出しせず活動してるのに本名を名乗る不毛さといったらない。

 

そんな揺れる想い、体じゅう感じて。

 

ゆりしー

泥水

いったいみんないつから、当然のごとくペットボトルの水を買うようになったんだろう。

子どものころ、普段家に常備されている飲み物のデフォルトはヤカンで沸かした麦茶で、誕生日とクリスマスくらいしかジュースを買ってもらえなかった抑圧の結果、自分のお小遣いを使ってコンビニや自販機で好きに飲み物を買えるようになると、解き放たれたわたしはぜったいにジュースしか買わなくて、なっちゃんオレンジ、午後の紅茶(ストレート、レモン、ミルク)紅茶花伝なっちゃんりんご、ポカリスエットなっちゃんオレンジ、紅茶花伝の完璧なローテーションでペットボトル生活が成り立っていた。
けれど、高校生くらいまでは周りの友人もみんなだいたいそんな調子でやっていたのに、果糖ブドウ糖液糖に彩られた甘い時代はそう長く続かず、次第に周囲のペットボトル事情は変わっていって、え、お茶?挙げ句の果てに水…?

わたしにとって飲み水は、家の水道をひねれば出てくるもので、傲慢なことに特にありがたみもなく、わざわざ買うようなものではなかった。
さらに意識の高い友人は常にコントレックスを飲んでいて、なぜだかそのことについて、自分がとてもお子様であるように思えた。
どうやら10代のわたしは、ペットボトル飲料を舌のためのエンタメだと思っていて、それは家に帰れば食べるもの飲むものが用意されている環境の庇護下にある絶対的な安心感がゆえの幼児性と直結していた。
しかし、わざわざ水を買う人からは、人類の営みの一環として、水分を摂らなければ生命を維持できない、生き物としてのどうしようもなさと、そこから醸し出される一種の諦念のような粛々とした姿勢を感じて、それがとてつもなく大人っぽすぎてまぶしかった。

そして、わたしにとっての水セカンドインパクトウォーターサーバーの家庭への普及だった。ある時期を境に、オフィスや店にしかないものだと思っていたウォーターサーバーが、友人知人の家にあることがさほど特別じゃなくなってきた。さらに、ウォーターサーバーこそ導入していないものの、家庭用に2Lペットボトルの水をまとめ買いしたり、スーパーで容器を購入するとミネラルウォーターを入れられるサービスを使っている人はまったく珍しくなくなった。

そんな世間の流れに対し、わたしは浄水器すら着けずに水道水をそのまま飲んだり、お茶を沸かしたり、コーヒーを淹れたり、料理したり、歯を磨いたりしていて、外出先でこそペットボトルの水を買うようになったものの、リテラシーの高い人たちから見たら水たまりに直接口つけてすすってるくらいの野蛮な塩梅に見えてるのかもしれないと、戦慄した。

大手メーカー各社が全力をあげて採水してきた各地の名水より、東京都水道局を信奉してるのかというと、そういうわけでもないし、水に対して確固たるスタンスなんて何も持ってないままぬるりとやってただけなのに、いつのまにかみんなが乗ってるボートに乗れずに岸に取り残された感じが拭えなくてせつない。

ていうかただ単に、舌がバカなのかもしれないな。

ゆりしー

うかつ

幸いなことに平凡そのものな暮らしをしているので、今のところ誰にも命を狙われたりしていないはずだけど、もしなにかがわたしを殺しにやってくるとしたら、それはわたし自身の迂闊さだ。


買い物しようと町まで出かけて財布を忘れるくらいの迂闊さなら、微笑ましい日常の想い出として、ときどき家族の間で語り継がれたりする、無害中の無害なフォークロアなのだが、わたしの迂闊さはときにもっと差し迫っていて、自分の影を踏まずに歩くことができないように、いつも足元にいる。

 

迂闊によって想定される最悪のケースは、自らの迂闊さが人を巻き込んで傷つけたり殺したりしてしまうことで、例えばこれまでにも、わたしが迂闊に発した言葉によって、その場の空気を凍らせるくらいならいざ知らず、誰かの胸をえぐってしまったことだって確実にあって、それについて考えだすと、誰か有能な霊能者を連れてきて、わたしにお札を貼って山奥の祠にでも封印してくれ、と思う。


物理的な面からいえば、車の運転なんてもってのほかで、皮脂で眼鏡が汚れた教官に怒られながら、教習所の黄色いポールを目安にした超スペシフィックな縦列駐車の方法を学び、なんとか免許証を取得してしまったけれど(ペーパーテスト重視な日本の免許制度恐ろしい)、ただ暮らしていても日々の迂闊をやり過ごすのに精一杯なわたしに、明らかに運転の適正がないことは、教習中から自分が一番分かっていた。
わたしの免許証は、いつか警視庁に返納されるそのときまで、ぴかぴかの無事故無違反のまま、完全無欠の身分証明証としてのみ、その役目をまっとうさせたい。

 

しかし自分の迂闊さにこんなに気を揉んでいるにも関わらず、自らの迂闊な振る舞いによって、「ああ、あの時になにかがほんの少しでもずれていたら死んでいてもおかしくなかったな」と感じたことが何度もある。自分が人を轢かなくても、自分が轢かれる可能性は充分すぎるほどある。
油断している瞬間にこそ迂闊は訪れるものなので、「気をつける」ということはまず不可能に近いし、気を揉むことによって、迂闊さによって引き起こされる悲劇の可能性を多少なりとも減らすことしかできないので、もはやわたしと迂闊は共存するしかない。

 

わたしの迂闊が深夜、そろりと寝室に忍び込み、ゴルゴ13のように無慈悲に、背中に銃を突きつけてきて、わたしは安全装置が降ろされる音を背骨で聞く。そして、なんとか引き金だけは引かれなかったことに今晩も胸を撫で下ろして、一日の平穏無事を感謝し、眠りにつく毎日なんだな。

 

ゆりしー

「いろは問題」やってみた

バカリズムさんに「いろは問題」というネタがあって。

 

1noce.com

 

 

「色はにほへど 散りぬるを」から始まるいろは歌といえば、すべてのひらがなを一度ずつ使った文章だけど、「色はにほへど」って冒頭から早速、濁音使ってるよね? っていうことで、バカリズムさんが考案した、濁音を使わない、新しいいろは歌を発表するというネタ。

 

これを見てふと、自分も作ってみたいなあと思い。

作ってみたのがこちら。

 

さんたくろおすは きめら

ぬまに なやみ うちあけてる

へそと ひれを ほしゐわ

つか ふゆのねこゑも

よせ

むり

 

漢字と現代かなづかいにすると 

 

サンタクロースはキメラ

沼に悩み打ち明けてる

「ヘソとひれをほしいわ。つか、冬の猫絵も」

「よせ。無理」 

 

 

一生懸命悩みを相談する、実はキメラだったサンタクロースに対して、つれない態度の沼。

友達は沼だけなのかもしれないのに、こんな態度とられたら、つらい。

そして意外とギャルっぽい口調の、ヘソのないサンタクロース。

  

残念ながらバカリズムさんのようにイラストは描けないので、より情景をわかりやすくするため、適切な画像をインターネットから探しだしてみました。

 

f:id:mikanseisei:20161111233130j:plain

サンタクロースはキメラ

 

f:id:mikanseisei:20161111233200j:plain

沼に悩み打ち明けてる

 

f:id:mikanseisei:20161111233226j:plain

「ヘソと」

 

f:id:mikanseisei:20161111235456p:plain

「ヒレをほしいわ」

 

f:id:mikanseisei:20161111233255j:plain

「つか、冬の猫絵も」

 

f:id:mikanseisei:20161111233426j:plain

「よせ」

 

https://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/p/p/56/c8/167391_02.jpg

「無理」

 

 

画像があってもやっぱりよくわからなかったし、キメラのサンタクロースなんてGoogleの画像検索では見つからなかった。

 

ついでに、いらすとやさん の力も借りてみた。

 

 

 

f:id:mikanseisei:20161111234733j:plain

サンタクロースはキメラ

 

f:id:mikanseisei:20161111235859p:plain

沼に

 

f:id:mikanseisei:20161111235942p:plain

悩み打ち明けてる

 

f:id:mikanseisei:20161112000020p:plain

 

「ヘソと」

 

f:id:mikanseisei:20161112001200p:plain 

「ヒレをほしいわ」

 

f:id:mikanseisei:20161112001250j:plain

「つか、冬の猫絵も」

 

 

 

f:id:mikanseisei:20161112001312j:plain

「よせ」

 

 

 

f:id:mikanseisei:20161112001423p:plain

「無理」

 

 

ちなみにこれを書くために調べていたところ、いろは歌のように、ひらがなやアルファベットなどのすべての文字を使った意味の通る文章を「パングラム(pangram)」と言うらしく。

 

どこまでいってもパンがついてくるのだった。

 

ゆりしー