【チーム未完成の社会科見学 Vol.3】「歌舞伎町ブックセンター」で、愛! wanna be with you..

パン以外のことはほとんど何も知らないチーム未完成が、人様の仕事場に訪れては、あれはなんだこれはなんだと聞いて回り、見学という名の狼藉を働く「チーム未完成の社会科見学」企画。

 

おひさしぶりの今回は、昨年10月に歌舞伎町にオープンした書店「歌舞伎町ブックセンター」さんに、セイ・ハローしてきた様子を、私、ゆりしーがレポートさせていただきます。

 

JR新宿駅東口を巻き舌気味に出て、歌舞伎町一番街を抜け、ロボットレストランを横目で見つつ、「白川郷」という趣き深いラブホテル名を味わったりしながら歩いていくと、「歌舞伎町ブックセンター」さんがばばーんと登場。

賑やかな歌舞伎町の中でもぐっと人目を引くTABOO1さんのグラフィティが目印です。

 

f:id:mikanseisei:20180628113919j:plain

 

f:id:mikanseisei:20180628113854j:plain「歌舞伎町ブックセンター」さんのエントランス。入口があまりにも開放的なので、ついつい私たちも開放的に。

 

今回お話を聞かせていただいたのは、「歌舞伎町ブックセンター」に置かれている書籍の選書を務める柳下恭平さん(あだ名付けがちな未完成は、やなしーさんと呼んでます)。

f:id:mikanseisei:20180628114301j:plain写真中央がやなしーさん。

 

めちゃラブリーにポーズを決めていただいたやなしーさんの両脇を固めているお二方は、現役のホストさん。

そもそも「歌舞伎町ブックセンター」は、歌舞伎町で数店舗のホストクラブを運営するSmappa!Group代表の手塚マキさんの発案から始まり、プロデュースに東京ピストルの草彅洋平さん、選書にやなしーさんが加わって、書店としてオープンしました。

手塚さんは、自身が経営するホストクラブのホストさんたちに、ホストを辞めたあとの人生も見据えてキャリアデザインを描いてもらううえで、その一助として本を読んでもらえたらという思いから、このお店を始めたのだそう。 

取材当日にいらしたお二方もSmappa!Groupの店舗で働いており、ホストの皆さんも常駐ではないのものの、ときに「書店員」として接客を行い、自身の出勤前後にお客さんとして訪れることもあるということなのです。

 

f:id:mikanseisei:20180713215723j:plainさすがのポージングなお二人。

 

f:id:mikanseisei:20180628114013j:plain飲食もできます。

 

f:id:mikanseisei:20180628114158j:plainトイレ入口がフォトジェニック!

 

f:id:mikanseisei:20180711163306j:plain我々もお隣失礼してきました。

 

 

f:id:mikanseisei:20180709143313j:plain

 

やなしーさんとチーム未完成の出会いは、去年大阪で開催された「KITAKAGAYA FLEA」。

颯爽と会場に現れるなり、シャンパンのボトルを開けて出展者に振る舞いまくり、軽快なステップで、ときには床に転がりながら写真を撮る、自由奔放な姿が眩しかったやなしーさん。

 

f:id:mikanseisei:20180714234215j:image
f:id:mikanseisei:20180714234209j:image

出会った日のやなしーさん。 

 

そのときには不勉強ながらやなしーさんの正体も知らず、全身から溢れ出る、パズーの親方的などんと来いバイブスだけをビシバシ感じていたのですが、やなしーさんは、書籍の校正・校閲を行う「鴎来堂(おうらいどう)」の代表で、神楽坂の書店「かもめブックス」オーナーであり、バイブスのみならず本当に親方だったのでした。

 

そんな、親方・やなしーさんが選書を担当する「歌舞伎町ブックセンター」に置かれている本は、すべて「LOVE」をテーマにセレクトされているのだそう。

ピンク、赤、黒の3色の帯がそれぞれの書籍に巻かれているのは、その色がイメージさせる「LOVE」の内容によって本が分けられているから。ひとつの色をとっても多様なイメージがあるため、ピンクは「官能的、もしくは淡い恋」、赤は「明るい愛、もしくは家族愛」、黒は「闇の愛、どす黒い愛」と、一見相反するイメージも包括されています。

もちろん「解釈は違っていい」とやなしーさんも話す通り、本の読み方は人それぞれなので、ひとつの本を巡って、「これは赤い愛では?」「いやいや、赤でもあり黒でもあるのでは」みたいなやりとりを飲みながらダラダラやったら、それぞれのパーソナルな「愛観」に踏み込んでいって、恐ろし楽しそう 。 

 

f:id:mikanseisei:20180628114048j:plainピンクの愛。 

f:id:mikanseisei:20180628114103j:plain赤い愛。 

f:id:mikanseisei:20180628114118j:plain黒い愛。 

 

そして、書棚を見渡すと、推理小説や魚河岸の写真集、自己啓発本など、必ずしもいわゆる「恋愛」を描いた本ばかりじゃないのもおもしろいところです。

 

「全部で400冊くらいあるから、バラエティがあった方がいいという理由もあるし、ひとつの本でもいろんな読み方ができるからね。だから一見、『LOVE』には結びつかないような時代小説でも、ワンシーンだけ素敵な恋愛が描かれていたら選んでいたりします。愛っていろんなものに含まれるので、結構なんでも選べるんですよね。でもこうやって本棚に並べてみると、なんだか説得力があるかも」

 

f:id:mikanseisei:20180711163413j:plain「歌舞伎町ブックセンター」では、「通常の書店と違って、話しかける接客を試してみたかった」とやなしーさんが話す通り、 赤エプロンの書店員さんは好みを聞きながら積極的におすすめしてくれます

 

ところでやなしーさん、選書のテーマが「LOVE」になった理由は? 

 

「僕がジョインする前から『LOVE』というテーマは手塚さんが考えていて。これは手塚さんの言葉だけど、歌舞伎町は『愛の迷宮』なんです。女の子が愛を探して、ホストクラブでお金を使う。そしてホストの人は稼いだお金をキャバクラで使い、そのお金はどこまで行っても回っていく。みんなが愛を探してるけど、実は誰も愛を見つけられていなくて、勝者がいない。そういう思いから愛をテーマにしようと思ったのかもしれないね」

 

本当かは知りませんが、歌舞伎町で稼がれたお金の多くは、歌舞伎町で使われるのだと、どこかで読んだことがあります。お金を媒介して、愛がぐるぐる巡って、その愛は行き場がない。

実は自身も、ボーイとして入ったホストクラブで、ある日背広を渡されて(!)ホストになったという経験を持つやなしーさん。行き場のない愛にお金を払っているのだとしたら、ホストクラブに通う女性がそこに求めているものとはなんなのでしょうか。

 

「ファンタジーなんですよ。ホストクラブでは基本的に、目の前にある情報だけで会話をするんです。だから、『彼氏いるの?』とか『どこ住んでるの?』とか、扉の外のことは話さない。そうやって現実を忘れるんだよね。人によっては、やり方が違うかもしれないけど。キャバクラとホストクラブって似ているようで構造が違っていて、キャバクラは純粋に男性の性欲で成り立っているけど、ホストクラブはそうじゃないんです」

  

f:id:mikanseisei:20180628114325j:plain

 

だいぶ話が逸れますが、私は飲食店などの「常連」になるのがたいへん苦手で、いつ行っても安定して他人扱いしてくれるチェーン店以外では転々と行く店を変え、あやうく常連になりそうな気配を感じたら、すかさず通う店を変えるという行動を繰り返してきた人間なのですが、それは普段の自分の役割を置き去りにしたくて足を運んだお店で、また新たに「常連」という役割を引き受けなければならない息苦しさを感じてしまうから。ホストクラブに通い詰めることは、常連から逃げることとは一見逆の行為のようですが、自分が背負っている役割から逃げたい瞬間は誰しもあるもので、そんな物語を扉の中だけで共有してくれるのがホストクラブなのかもしれません。

 

と、ついつい脇道に逸れて、愛の迷宮について考え始めて迷子になりそうになったところで、最後に「歌舞伎町ブックセンター」に置かれている本から、チーム未完成におすすめしたい1冊を、特別にやなしーさんが選んでくれました。

 

f:id:mikanseisei:20180628114340j:plain決断の早いやなしーさん。

f:id:mikanseisei:20180628114429j:plainじゃーん。

 

やなしーさんが選んでくれた本は、萩尾望都さんの『ローマへの道』。

 

萩尾望都さんは大家ですけど、この作品はあんまりメジャーじゃないですよね。萩尾望都さんがバレエダンサーについて書き始めた連作の初期作品なんです。『愛』という名前の主人公のバレエダンサーが、愛を学び損ねて生きていくんだけど、ラストのラストで愛を知るシーンがある。なんとなくこの4人が楽しんでくれそうだなって」

 

なんと、おすすめされる前からこの本を買って帰ろうと思っていたという、げっちゃん。

やなしーさんはとてもジェントルでハッピーな人なのですが、いつも瞳の奥で線香花火のように洞察力の火花が散っていて、その鋭さで欲しそうな本を見抜かれていたのかもしれません。やなしーさん、恐ろしい人……。

 

f:id:mikanseisei:20180710141812j:plain購入した書籍はオリジナルのブックカバーに包んでくれます。マリリン・モンロージョン・F・ケネディに送ったラブレターの言葉が。

 

ということで、今回もお付き合いいただいた、やなしーさん、「歌舞伎町ブックセンター」のみなさま、ありがとうございました!

 

f:id:mikanseisei:20180628114452j:plain

 

◆「歌舞伎町ブックセンター」さんの最新情報はこちらから!

twitter.com

 

www.facebook.com

 

取材の後にやなしーさんがInstagramでありがたいポストをしてくださいました……!

www.instagram.com

 

 (テキスト:ゆりしー、写真:ぴっかぱいせん・しをりん、Special Thanks:柳下恭平さま、「歌舞伎町ブックセンター」さま)

【チーム未完成の社会科見学】ヒット連発出版社の裏側をのぞきたい

秋はいつも新型iPhoneの発表くらい急に訪れる。

めっきり涼しくなりましたね。

 

そんなこんなで今回は「チーム未完成の社会科見学」企画の第2弾。

九段下の出版社、朝日出版社さんにお邪魔しました。

f:id:mikanseisei:20170923195922j:plainお晩です。しをりは顔がどっか行ったので、ミツコッコーの顔を拝借している。

 

案内してくれたのは、編集者の綾女欣伸(あやめよしのぶ)さん。

f:id:mikanseisei:20170923200429j:plain 

グルーヴィジョンズさんの装丁でおなじみのアイデアインクシリーズや、TED ブックスシリーズ、武田砂鉄さんの『紋切型社会』、Chim↑Pomさんの『エリイはいつも気持ち悪い』など多数のヒット本の編集に携わり、最近は内沼晋太郎さんと韓国の書店・出版事情を取材した共著『本の未来を探す旅 ソウル』を出版したDSH(どうかしてる・凄腕・編集者)。

 

f:id:mikanseisei:20171002125333p:plain

イデアインクシリーズ(朝日出版社さんのWEBより)。一度は本屋さんで見たことがあるはず。

 

ひょんなことからお知り合いになり、綾女さんが自主的に制作した写真集『Tokyo Halloween』にぴっかぱいせんがカメラマンとして参加したり、壁とメニューがコッパーブラウンに染まった居酒屋で、チーム未完成が綾女さんを囲む会を催したりといった関係が続いていて、私たちはパンのZINEシリーズを超DIYで作っているものの、いわゆる「本」を作っている出版の現場については何も知らないので、蟻を踏み潰しちゃう小学生のような素朴な好奇心を携えて、今回乗り込ませてもらったような次第です。

 

1962年に創立された朝日出版社は、綾女さんが作っているような一般書はもちろん、語学関係、教科書などなどの書籍を多数出版。

そして、1991年に発売された宮沢りえさんのヌード写真集『Santa Fe』の出版元でもあり。

当時あまりにヒットしたため、社屋の半分くらいは『Santa Fe』刊行後に増築されたそう。アフター・サンタフェ(A.S.)の方が心なしか新しげ……?

f:id:mikanseisei:20170925132802j:plainサンタフェ前(左半身)、サンタフェ後(右半身)。

 

さっそく最初に案内していただいたのは、在庫が置かれている倉庫。

いきなりのバックヤード!

朝日出版社の書籍は、基本的に成田市にある倉庫で在庫管理しているそうですが、急な発注などに対応する分だけ本社に置いているそう。

f:id:mikanseisei:20170923200831j:plain薄暗くて落ち着くともいえる。

 

f:id:mikanseisei:20170927231118j:plainナイスDIY。矢印に制作者の遊び心を感じる。

 

f:id:mikanseisei:20170923200800j:plain書籍に紐をかけるマシーン、結束機。「YAMADA's TOM」のロゴマーク入り。山田のトムとは。

 

f:id:mikanseisei:20170923201235j:plain

倉庫の扉をがらりと開けると、すぐ裏にトラックがつけられるようになっていて、スムーズに搬入出ができるソリューション的な。

暗いから写ってませんが、すぐ表が川で、氾濫したりしたら在庫がかなり危機一髪な気がします。

 

続いて、綾女さんが所属している第五編集部へ。

f:id:mikanseisei:20170923200938j:plain

出版社だけに、お部屋には資料用の本がぎっしり&さすがのナイスセレクションな本ばかりで、DTP作業用のくそでかいMacも置いてあったり、うらやましいが詰まったお部屋。

厳密には複数人でシェアしているお部屋なのですが、こじんまりした個室感と、適度に乱雑な感じはオフィスというより、大学の研究室っぽさもあり。

f:id:mikanseisei:20170923201855j:plain綾女さんワークス(主に左下)が収められた書棚。

 

f:id:mikanseisei:20171003192716j:plain仕事用だけど、取材当日はYouTubeを見るために大活躍していたMac

 

社内にはこんな感じで編集部が第一から第五まであり、第五編集部にはアルバイトの方を含め3名が所属していて、綾女さんがこの部屋の長的な立場だそうですが、基本的には編集部員各自が作りたい本を作るとのこと。

あんなにユニークな本をたくさん出しているのに、思いのほか少人数で作っていることにびっくり。

 

f:id:mikanseisei:20170927230855j:plain校正刷りを切ったりするための大事なお仕事用具(カッターマット)を完全に下敷きに。

 

あまりに快適な部屋に、すっかり社会科見学しにきたことを忘れて、しばし、ソウルへ訪れたばかりの綾女さんから韓国音楽事情について教えていただいたり、土産物交換(マッドなパンダのポストカード from 四川、なが餅 from 名古屋、二十世紀梨 from 鳥取、常温で放置されて発酵でパンパンに膨らんだキムチ from 韓国他)などにふけっていると、他の編集部の方が。

 

f:id:mikanseisei:20170927231006j:plain

 

「チーム未完成です」とご挨拶したところ「え、なにそれ…日本語ですか?ちょっと理解が??」とだいぶ混乱のご様子で、ほんとすみませんでした。

 

f:id:mikanseisei:20170923234024j:plain混乱してるけどポーズは決めてくれる。

 

第五編集部を出まして、こちらは書庫。 

過去に朝日出版社から発売された本や、参考資料となる他社の本まで、たっぷり納められてます。

きっと今や書店で買えない本もたくさんありそう。

f:id:mikanseisei:20171002114511j:plain先人の知恵がさらなる知恵を産むんだなあ。みつを。

 

f:id:mikanseisei:20170924000204j:plain綾女さんが入社当時(約10年前)に書庫を整理したときのふせんが現役でした。

 

最後にお邪魔したのは、営業部。

f:id:mikanseisei:20171011173741j:plain昭和的ハードボイルド感。

 

突然の闖入者にも親切な営業部の橋本さんによると、営業部は書籍を円滑に流通させるためのA to Zが主な仕事だそう。

だいぶざっくりなまとめでごめんなさい。

f:id:mikanseisei:20170923235838j:plain「先日の高松出張の際に、移動時間を短縮しようと思って、書店から書店へ走って営業したので日焼けしました」と語る、若干こんがりめの橋本さん。大量のトートバックコレクションを持っていて、営業先に合わせてその書店オリジナルのトートバックに変えていく、営業の鑑。

 

f:id:mikanseisei:20170925125331j:plain橋本さんのおすすめ本コーナー。斜めの陳列にこだわりを感じる。最近おすすめの書店は、そごう千葉店内にオープンした「16の小さな専門書店」、おすすめの本は石戸諭さんの『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)、柴崎友香さんの『よそ見津々』(日本経済新聞出版社)とのこと。

 

f:id:mikanseisei:20171011173347j:plain書庫のふせんに続き、物を大切にする社風を垣間見る。

 

f:id:mikanseisei:20171002121516j:plain

 優しい橋本さんは「朝日出版社の本が好き」と言ったゆりしーとミツコッコーに、なんとおすすめの本(他社)までプレゼントしてくれました。読みます!

 

 

本作りは餅つきじゃないので、ライブで書籍制作のいろはを順を追って見ていくことは当然のごとく叶いませんでしたが、一通り社内を見学させていただいて思ったことは、

朝日出版社の皆さんは本当にまじで本が好き。

本を読む時って基本無言だし、音楽みたいに同じ場で共有していっせいにブチ上がる的なことはしづらいのですが、他社の本まで熱心に勧めてくれる橋本さんみたいな人に出会うと、そこにある熱量は変わらないことを改めて感じたし、最近発売されたばかりの他社の本もがんがん社内に並んでいて、きっとこの調子でいくと、みなさんお家の中も同じ様子だと推察されるのですが、そんな風に能動的に本を愛でる気持ちが、気持ちの良い本を生み出すことに繋がっているのだなとひしひしと感じたりしました。

蟻を踏み潰しちゃう好奇心を殺さないことが大事!

規模は全然違いますが、世界の楽しさの総量を増やすことに勤しむ者として、チーム未完成もより一層精進したいなと思った次第です。

 

綾女さんをはじめ、朝日出版社の皆様、お忙しいところありがとうございました!

f:id:mikanseisei:20170923235258j:plain

 

そして最後にお知らせです。

 

綾女さんの自主プロジェクト『Tokyo Halloween』とともに、チーム未完成は12月2、3日に、韓国ソウルのBuk Seoul Museum of Artで開催される「Unlimited Edition 9」(ソウルアートブックフェア 2017)に出展します!!!

 

 

ソウルアートブックフェア には、毎年ZINEだけお預けして出していたものの、私たちが実際に海外のブックフェアに参加するのは初。めちゃくちゃ楽しみです。

その辺りでソウルにいる予定があったりする皆さんは、ぜひ観光がてら遊びに来てみては〜。

 

「Unlimited Edition 9」(ソウルアートブックフェア 2017)

http://unlimited-edition.org/

 

 

 그럼 안녕(さようなら)!

 

(テキスト:ゆりしー、写真:ぴっかぱいせん・しをりん、Special Thanks:朝日出版社さま)

*

朝日出版社から刊行されている綾女さんの最新作はこちら。

f:id:mikanseisei:20171011174831j:plain

 

 

綾女さんの自主プロジェクト。2015年、渋谷のハロウィンの狂乱をとらえた『Tokyo Halloween』はこちら。ぴっかぱいせんもカメラマンとして参加!

 

 

*チーム未完成を社会科見学させてやってもよろしいという奇特な会社の方がいたらご連絡ください。

mikanseimikansei@gmail.com

 

 

瞑想にうってつけのルミネ

隙あらばインターネットか本、映画、音楽、ラジオと、趣味に値するものがなんらかの情報を受け取る類のものであるうえ、曲がりなりにも大都会・東京に住んでいると、年がら年中、目も耳も騒がしく、神奈川の山育ちの血が騒ぐのか、ときにはすべてから離れて静けさに耽ってみたい気分になるときがあって、そんなときにふと「たまには早起きして出社前に都心のお寺で座禅体験」とか「バリ島のヨガで瞑想」みたいなタイトルの記事なんかにぶち当たってしまうと、つい心がぐらんぐらんになってしまう。

 

静けさを味わうだけでなく、竹林に蟄居する寺で座禅を組んだり、バリ島に住まうヨガマスターの導きのもと鷹のポーズを一発キメたら、普段暇さえあればひたすら家であざらしのように横たわってiPhoneをいじくり回しているだけだとしても、その一回の体験でしばらくはいつものだらしなさまでチャラになり、毎朝真っ白な雑巾で窓枠のサッシの隅々まで拭き清めて回るような人になれるんじゃないかという錯覚に陥りそうになる。

 

けれど、あたりまえのことながら、座禅やヨガは魔術やレッドブルではないので、一回キメたところでどうこうなるようなものではないし、ふと初台のICCの無響室や、がら空きの観光地の洞穴を1人で歩いたときのことを思い出してみると、日常で本当に音のない場所にいることなどまずないから、静かすぎる場所は静けさが目一杯すぎて、かえってやかましかった。

 

今のところ、わたしがもっとも手軽な瞑想にうってつけだと考えているのはルミネだ。

 

ルミネが瞑想に最適な理由は各フロアのテンションが一定であることで、これが伊勢丹高島屋あたりになってしまうと、フロアごとに対象年齢や価格帯(お惣菜から宝飾品まで)が乱高下して、フロアを行き来するたびに余計な神経を使わなければならない。


また、リアルな街の場合、わたしのような方向音痴は常にGoogleマップ片手じゃないと、見知った街でも完全に迷いこむし、あまりぼんやりしていると車に轢かれたりするかもしれない。


そこへいくとルミネは、ターゲットも20〜30代女性と絞られていて、フロアごとにファッションのジャンルや構成はやや変わってくるものの、その振れ幅は世界の多様性のなかではほんのちっぽけな差なので、一定の精神状態を保ったまま、迷子や交通事故の懸念もなく、心ゆくまで徘徊(瞑想)することができる。


また、ルミネのなかでも新宿のルミネ2が、フロアの構成、広さ等の条件から、もっとも好ましい(とくに2F)。

 

ここでうっかり「昨日居酒屋で座敷に上がったら靴下に穴空いてたから買わなきゃ」みたいなことが頭のなかによぎってしまうと、即身仏の修行者にマクドナルドを差し出すくらい台無しなので、俗世の雑事になるべく関わりあいにならなくてすむよう、必要な買物は済ませてからルミネに向かうか、ルミネで買物を済ませてから瞑想に取り組むべきだろう。

 

本当の無音はあまりにも息苦しいけれど、ほどよい音楽(ルミネを訪れた人は誰もが耳にしているであろう、「テロテロ テロレーン」というBGMや各店舗が好き勝手に流す音楽がグチャグチャに混ざって、真面目に耳を傾けると吐きそうになるから強制的に聴覚の一部をオフにするしかない)も流れているし、お香の代わりにやたらと香水を振りかけた女の子がたくさん歩いている。

 

そうして、すべての感覚を7分咲き状態にしていると、だんだんすべてが薄ぼんやりとしてきて、ちょっとしたトランス状態に陥ることができる。


座禅やヨガと違って、なんの努力も経ていないゆえに、普段の心持ちが改まったりする気配は微塵もないけれど、少なくともその瞬間だけは心底解放されて、ルミネから出ると、なんということでしょう、完全なるBefore After状態の晴れ晴れとした心持ちに。

 

いつかあなたが、完全にうつろな眼差しでフロアを徘徊している女をルミネで見かけたとしたら、それはわたしや、わたしと同じ瞑想法を会得した誰かかもしれないので、どうか通報したりせず、あたたかい目で見守ってほしい。

ゆりしー

【チーム未完成の社会科見学】パンに「パン」って印刷してみた

チーム未完成のゆりしーです。

 

今回はひとつ趣向を変えまして。

「チーム未完成の社会科見学」と題して、とある企みのもと、某所へお邪魔した模様をレポートします。はーい。

 

今回チーム未完成が突撃したのは、渋谷にある印刷会社・株式会社 光伸(こうしん)プランニングさん。

 

f:id:mikanseisei:20170519145330j:plain

光伸プランニングさんは、屋外、交通広告や、サイン、ディスプレイ、ミュージアムグッズなどの企画・制作・施工をはじめ、ガラス、樹脂、金属、陶器、革、布地等、あらゆる素材や製品にプリントができるサービスD-Printや、外部クリエイターと共同で、これまたいろいろな素材(羽根や石などにも!)への印刷を行う自社プロジェクトMONOPURIなど、さまざまな取り組みを行っている企業です。

 

f:id:mikanseisei:20170519145407j:plain

ひろびろしたオフィス兼作業場。サチモスが流れてました。

  

f:id:mikanseisei:20170519145428j:plain

 カッティング前の『MONOPURI』のシート!

 

f:id:mikanseisei:20170522115248j:plain

f:id:mikanseisei:20170519145525j:plain

THE 印刷会社な大判プリンターと大量のカッティングシート。

 

f:id:mikanseisei:20170518163140p:plain

光伸プランニング-『MONOPURI』

 

 

f:id:mikanseisei:20170519145550j:plain

 

今回、案内してくださったのは光伸プランニングの稲川由華さん。

印刷について無知にもほどがある未完成にもやさしい。

 

ところで、このたびチーム未完成がお邪魔させていただいたのは、こんな理由から。

 

 

本物のパンに「パン」って印刷したい!!!

(タイトルそのまんまですね)

 

 

チーム未完成は、常日頃なんとかのひとつ覚え的な具合でパンパン連呼しておりまして、いつも「パン」というロゴをあれやこれやしてグッズを作ったりしているのですが。

 

f:id:mikanseisei:20170518173202j:plain

これとか。

 

f:id:mikanseisei:20170518203649p:plain

こういうのとか。

 

今回はこの「パン」ロゴをリアルなパンに印刷してみちゃいたいという試みなのです。

 

日頃からありとあらゆる種類の素材に印刷しまくっている光伸プランニングさんも、パンへの印刷は初めてとのこと。

 

果たして本当にパンに印刷できるのでしょうか。

 

 

今回、パンへの印刷に使用するのは、光伸プランニングさんの『D-Print』や『MONOPURI』でも使用されている、UVインクジェットプリンター

 

通常は凹凸のある物に印刷したい場合、一度平たいシートに印刷してから物へ貼り付けるそうなのですが、UVインクジェットプリンターは直接その物自体に印刷できるすごいやつ。

 

紫外線で固まるインクが使われていて、インクを吹き付けたあとにUVライトで硬化させる仕組みとのことで、要するにジェルネイル的なことですね。

 

また、通常のインクジェットプリンターは印刷したい対象物にインクを染み込ませる方式なのだそうですが、このUVインクジェットプリンターは、吹き付けたインクを蓄積していく方式ということで、印刷見本を触るとデコボコしていることがわかります。

 

f:id:mikanseisei:20170519145615j:plain

いつもの未完成ブログと違ってタメになるよねー。

 

ということで、早速パンへの印刷をスタート。

  

f:id:mikanseisei:20170519145643j:plain

早速スタンバってるパン。

 

f:id:mikanseisei:20170519145748j:plain

印刷を担当していただいた、光伸プランニングの竹内さん with UVインクジェットプリンター

「パンはふかふかしてるから、インクを吸い込んじゃいそうで、きちんと発色するかちょっと心配です」とのこと。

 

f:id:mikanseisei:20170519145802j:plain

 今回の印刷のための指示書。

こんな感じのバランスでパンに印刷していきます。

多数のガチな印刷指示書を押しのけて、一時最前いただきました。

 

f:id:mikanseisei:20170519145821j:plain

さてさてついに!動き出すプリンター。

 

f:id:mikanseisei:20170519145838j:plain

パンが吸い込まれてゆく…。

 

f:id:mikanseisei:20170519145856j:plain

 みんな写真撮る。

 

f:id:mikanseisei:20170519145917j:plain

ピカッ

 

f:id:mikanseisei:20170519145933j:plain

 シャッ

 

f:id:mikanseisei:20170518171618j:plain

ピカッ…あれ、なんかうっすら ?

 

f:id:mikanseisei:20170519145958j:plain

うわあああ

 

f:id:mikanseisei:20170518172641g:plain

 光に包まれてパンが…

 

f:id:mikanseisei:20170519150016j:plain

出てきた!

 

f:id:mikanseisei:20170519150037j:plain

 パン!!!!!

 

f:id:mikanseisei:20170519150056j:plain

パンに「パン」!!!!!!!

 

パンに「パン」、できたーーーー!!!!!!

 

思った以上にパンに「パン」だったーーーー!!!!!!

 

 

f:id:mikanseisei:20170519150122j:plain

「まじかよ」

 

f:id:mikanseisei:20170519150140j:plain

恐る恐る触ってみるけど、インクは硬化してるから全然にじまない。

 

照射していたUVライトはめちゃくちゃ熱いそうなので、心なしかパンが焼けて固くなっているような気も…? 

 

とにかく印刷が綺麗!

(しをりん曰く「タトゥーみたいやね」)

 

f:id:mikanseisei:20170519150159j:plain

パンへのインクの染み込みを懸念して、右の一枚はラッカーをスプレーしてから試してみたけれど、ラッカーなしでも見事なパン。

 

チーム未完成がダンボールとマッキーばっかり制作に使っている間に、テクノロジーは進歩してた。

印刷技術すごい。

 

というわけで、パンに「パン」できました!

とくにオチとかなく、おしまいです。

無茶にお付き合いいただいた光伸プランニングさん、ありがとうございました!

 

f:id:mikanseisei:20170519150214j:plain

 

※おまけ

パン印刷の一部始終です。


【チーム未完成の社会科見学】パンに「パン」って印刷してみた

  

(テキスト:ゆりしー、写真:ぴっかぱいせん、Special Thanks:光伸プランニングさま)

 

*チーム未完成を社会科見学させてやってもよろしいという奇特な会社の方がいたらご連絡ください。

mikanseimikansei@gmail.com

 

苗字2

 

しをりです。


ちょっと聞いてちょうだい。

先日、ゆりしーがこんなブログを。


「苗字」
http://mikanseisei.hateblo.jp/entry/2017/04/17/233730

 

つまるところ
「いい年してゆりしーと自ら名乗るのがつらみ」
「なので、苗字があったらうれしみ」
ってことらしいです。


ちなみに、ゆりしーのことをゆりしーと呼びはじめたのは、他でもないわたしーです。
もちろん、ゆりしー以前の彼女には、人並みにスタンダードな名がありました。

 


あれは5、6年くらい前のこと、仲良くなりたての誰しもが直面するファーストクエスチョン「オレオマエなんて呼ぶか問題」

わたしは当時からアホの一つ覚えみたく「しをりんだよ〜☆」と自ら言っていたので、ゆりしーからは自然としをりんと呼ばれるようになりました。

では、なぜゆりしーゆりしーになったのか。


その頃、吉高由里子が好きだったわたしは
彼女のあだ名をサンプリング、
オマージュ、
引用、
いや、丸パクリしたのでした。


そう、吉高由里子さんのあだ名は他でもない
ゆりしー」なんですねえ。(イケハヤ風です)

 

好きな生き物には好きなものの名前を付けたくなるのが人の性ってもんです。
わたしは、いつか犬を飼ったら「とうふ」か「よよぎ」と名付けようと長年意気込んでおりますが、
豆腐にも代々木にも特にこれといった思い入れはありません。

 

ところで、かくゆうわたしもいい年こいた現在も
ワイがワイこそがしをりんやしをりんなんやと各地で言いまくっており、
最近はラジオをやらせて頂いてることもあって、割と偉いであろう大人の方とかにセイハローする機会も多いのですが、

どんだけ場の空気がアレな感じでも開き直って「しをりんです(ニヤニヤ)」と言ってみると大抵の場合ほんのり和むもので、

その後の会話もなんかいい感じになる気がするし、もし和まなくとも、ああ今日はそういう場か、この人はそういうタイプか・・・と、名を名乗るだけでなんとなく判断することができたり、

とりあえず、ああ変な女いたなあと印象づけられる便利アイテムになっております、しをりん。

 

なので、ゆりしーや。
胸を張って堂々と名乗ってごらんよ。ゆりしーと。


ゆりしー

ゆりしー

ゆりしー

ゆりしー?!
しっかりするんだ、ゆりしー
ゆりしー、お気を確かに!!!

 

まあ、ゆりしーと名付けたわたしとしては、ゆりしー本当はゆりしーって名前いやなのかな……とちょっぴりさみしい気持ちになったり、
そんな苦悩してるゆりしーの横で「しをりんだよ〜☆」と恥ずかしげもなく言いまくってるわたしマジヤバイ奴と思われてるのでは……といささか不安な気持ちになってます。

 

ん?

あれ、そうだ、ゆりしーは、そんな話はどうでもいいのだった。

聞く耳も、腕押しするためののれんさえもそもそも持ち合わせていらっしゃらなくて、
「しをりんや、苗字をおくれよ」とお願いされているんでしたね。

そっかそっか、そうでした。

 

じゃあ、苗字かんがえるね。

なにがいいかなあー。。。

 


ん〜。

 

 

ん〜〜〜。

 

 

んん〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「吉高」でどうですか?

 

 

 

 

(しをり)

苗字

わたしはチーム未完成にてゆりしーという名前で活動しているのですが、ここで一曲、最近のちょっとした悩みをお聞きください。


それは苗字がないということ。

 

チーム未完成として自己紹介をするとき、ほかのメンバーが「シー・イズ・ゆりしー」と紹介してくれる分には一向に構わないのだけど、そもそもからして「ゆりしー」という名前は、人が呼んでくれることで成立しているあだ名であって、15歳のハロプロメンバーとかじゃない妙齢の女性が自ら「コール・ミー・ゆりしー!セイ!」と名乗りあげるのはツラの皮がよほどの極厚じゃないとつらい。

 

とはいえ当然、どんなツラ下げてでも己からゆりしーと名乗らなければいけない場面というのは多々あって、そんなとき「ゆりしーです」の前に「(もともとそういうあだ名だったから特に深い考えもなく、かりそめの名としてゆりしーと定めたらなんだか意外と長くゆりしーと名乗り続けることになってしまっただけで、別に80年代のアイドルよろしく積極的に自分で自分をゆりしーって呼んでほしいとか、ゆりしーっていうあだ名が醸し出してる、ある種のかわいらしい感じに値するとか思って名乗ってるわけじゃなくて、便宜的にここではそう呼んでもらうしかないし、今は他人から紹介してもらう場面でもないので渋々自身で申しあげますが)ゆりしーです」と、心のなかでは長々しいカッコ書きの言いわけをかましたうえで名乗っているので、なんとかそのモノローグをテレパシーで感じとって、どうかわたしをずうずうしい女だと思わないでほしいという気持ちでいっぱいだ。

苗字さえあれば、たとえ下の名前がゆりしー寿限無だとしても「高橋(仮)です」と一発名乗っておけば、自分の自意識を守るためのくどくどしい言いわけを(脳内で)述べることは不要だし、苗字のあるしをりんはもちろん、苗字とか関係ない時限にあるぱいせんやみっちゃんの名前は本当にうらやましい。

 

もちろん、一市民としてわたしにも当然戸籍上の苗字はあって、ごちゃごちゃ言わんとその苗字をくっつけて名乗っておけばよろしいとおっしゃられても当然なんですが、わざわざ視界が狭く息苦しい面なぞかぶって、顔出しせず活動してるのに本名を名乗る不毛さといったらない。

 

そんな揺れる想い、体じゅう感じて。

 

ゆりしー

泥水

いったいみんないつから、当然のごとくペットボトルの水を買うようになったんだろう。

子どものころ、普段家に常備されている飲み物のデフォルトはヤカンで沸かした麦茶で、誕生日とクリスマスくらいしかジュースを買ってもらえなかった抑圧の結果、自分のお小遣いを使ってコンビニや自販機で好きに飲み物を買えるようになると、解き放たれたわたしはぜったいにジュースしか買わなくて、なっちゃんオレンジ、午後の紅茶(ストレート、レモン、ミルク)紅茶花伝なっちゃんりんご、ポカリスエットなっちゃんオレンジ、紅茶花伝の完璧なローテーションでペットボトル生活が成り立っていた。
けれど、高校生くらいまでは周りの友人もみんなだいたいそんな調子でやっていたのに、果糖ブドウ糖液糖に彩られた甘い時代はそう長く続かず、次第に周囲のペットボトル事情は変わっていって、え、お茶?挙げ句の果てに水…?

わたしにとって飲み水は、家の水道をひねれば出てくるもので、傲慢なことに特にありがたみもなく、わざわざ買うようなものではなかった。
さらに意識の高い友人は常にコントレックスを飲んでいて、なぜだかそのことについて、自分がとてもお子様であるように思えた。
どうやら10代のわたしは、ペットボトル飲料を舌のためのエンタメだと思っていて、それは家に帰れば食べるもの飲むものが用意されている環境の庇護下にある絶対的な安心感がゆえの幼児性と直結していた。
しかし、わざわざ水を買う人からは、人類の営みの一環として、水分を摂らなければ生命を維持できない、生き物としてのどうしようもなさと、そこから醸し出される一種の諦念のような粛々とした姿勢を感じて、それがとてつもなく大人っぽすぎてまぶしかった。

そして、わたしにとっての水セカンドインパクトウォーターサーバーの家庭への普及だった。ある時期を境に、オフィスや店にしかないものだと思っていたウォーターサーバーが、友人知人の家にあることがさほど特別じゃなくなってきた。さらに、ウォーターサーバーこそ導入していないものの、家庭用に2Lペットボトルの水をまとめ買いしたり、スーパーで容器を購入するとミネラルウォーターを入れられるサービスを使っている人はまったく珍しくなくなった。

そんな世間の流れに対し、わたしは浄水器すら着けずに水道水をそのまま飲んだり、お茶を沸かしたり、コーヒーを淹れたり、料理したり、歯を磨いたりしていて、外出先でこそペットボトルの水を買うようになったものの、リテラシーの高い人たちから見たら水たまりに直接口つけてすすってるくらいの野蛮な塩梅に見えてるのかもしれないと、戦慄した。

大手メーカー各社が全力をあげて採水してきた各地の名水より、東京都水道局を信奉してるのかというと、そういうわけでもないし、水に対して確固たるスタンスなんて何も持ってないままぬるりとやってただけなのに、いつのまにかみんなが乗ってるボートに乗れずに岸に取り残された感じが拭えなくてせつない。

ていうかただ単に、舌がバカなのかもしれないな。

ゆりしー